フンコロガシ

恐竜リスト

フンコロガシのテイム方法!生息場所や特徴は?

投稿日:2020年5月3日 更新日:

農業で必要になる肥料ですが、堆肥箱で作ると結構面倒ですよね?

そうなってくると、そろそろフンコロガシの出番です!

自動で肥料を作り出す、実はかなり便利なペットなんですよ。

今回は、そんなフンコロガシについて、テイム方法や生息場所を紹介していきます。

フンコロガシの生息場所は?

アイランドでは洞窟内にしか生息しておらず、テイム目的なら狩人の洞窟がおすすめです。

一番初級編の洞窟という事もあり、中は比較的弱い敵しかいません。

 

その他、「賢者」と「狡猾」の洞窟にも湧く可能性があります。

ただし狡猾の洞窟は、レベル150オーバーが基本の為、テイム不可の洞窟となっています。

 

洞窟内のどこかに湧いてる事が多いんで、敵を倒しながら、じっくり探してみましょう。

中であれば、どこにでも湧く可能性があります。

あと、フンコロガシはほとんど移動せず、その場にジッとしてる事が多いです。

 

狩人の洞窟の場所

狩人の洞窟の詳しい入口の座標や、中の情報も知りたい方は、過去記事もチェックしてみて下さい!

⇒「アイランドの洞窟初級編!狩人の洞窟を攻略!

⇒「アイランドの賢者の洞窟攻略!連れていくペットは?

 

一方スコーチドアースでは、マップ端の砂漠地帯にのみ生息しています。

フンコロガシを最大限に活かす為の相棒「フィオミア」が生息していない為、他のマップよりも重要度は低めです。

スコーチドアースのフンコロガシの生息場所

⇒「スコーチドアースのマップ紹介!各場所の特徴と序盤の進め方は?

 

また、ラグナロクでは砂漠地帯の一部に生息しています。

アイランドとは違って、普通に地上で見る機会がある為、探しに行けば比較的すぐに発見出来るでしょう。

レベルも高レベル帯が湧きやすく、テイム向きのマップと言えますね。

ラグナロクのフンコロガシの生息場所

⇒「ラグナロクのマップ紹介!各地域の情報とオベリスクの場所は?

 

それとクリスタルアイルズでは、同じく砂漠地方と洞穴の中に生息しています。

手軽に行けるのは砂漠の方ですが、近くに危険なクリスタルワイバーンの巣もあり、気を付ける必要があります。

クリスタルアイルズのフンコロガシの生息場所

 

砂漠地方は、座標で「63.5 45.5」付近になります。

近くに虫も居たりして、砂漠の中でも一風変わった雰囲気となっているのが特徴です。

砂漠地方のフンコロガシ

 

洞穴はレッドウッドの森地方で、座標「33.9 26.9」付近に入口があります。

中にはフンコロガシの他に、アラネオモーフスやアースロプレウラ等が居て、アイランドの洞窟の雰囲気がある場所となっています。

もしフンコロガシ以外の虫系もテイムしたい場合には、ここを探してみるのが良いでしょう。

レッドウッドの森洞穴
レッドウッドの森洞穴

⇒「クリスタルアイルズのマップ紹介!各地形の特徴とは?

 

フンコロガシのテイム方法は?

受動テイム(アイテム手渡し)で、エサとなるのは「腐った肉」や「糞関係」です。

アイテムスロットの一番右端にエサをセットして、近付きましょう。

 

この時、あまり近づきすぎると敵対してしまう恐れがあるんで、気持ち離れて下さい。

(画像の距離まで近付いても、問題なしのレベルです)

フンコロガシのテイム

 


テイム時のエサの糞は大型がベストだけど、わざわざ準備していくより、手軽に揃う「腐った肉」をおすすめします。

食べさせるエサレベル1レベル80レベル150
大型生物の糞
大型生物の糞
インターバル37秒
2個
1分
+0レベル
6個
4分
+38レベル
10個
6分
+71レベル
中型生物の糞
中型生物の糞
インターバル25秒
2個
1分
+0レベル
9個
4分
+37レベル
14個
6分
+68レベル
腐った肉
腐った肉
インターバル50秒
2個
3分
+0レベル
13個
11分
+35レベル
21個
18分
+61レベル
小型生物の糞
小型生物の糞
インターバル12秒
3個
1分
+0レベル
17個
4分
+32レベル
28個
6分
+53レベル
人間の糞
人間の糞
インターバル10秒
4個
1分
+0レベル
21個
4分
+29レベル
35個
6分
+46レベル
生肉
生肉
インターバル15秒
16個
4分
+0レベル
82個
21分
+5レベル
140個
35分
+6レベル

 

テイム値がMAXになったらテイム完了になるんで、危険地帯から連れ出しましょう!

近付いてアクションキーで拾う事が出来て、楽に運搬出来ます。

フンコロガシ

感覚はドードーと一緒です。

 

フンコロガシの特徴 その①!

糞関係をインベントリに入れて放浪させると、15分に1回、肥料に変えてくれる!

糞の種類によっても作る肥料の量が違って、しかも原油まで一緒に生成してくれる、超有能なペットに早変わり。

 

各生成量は、以下の表のようになります。

糞の種類肥料
肥料
原油
原油
人間の糞
人間の糞
1個2個
小型生物の糞
小型の糞
1個2個
中型生物の糞
中型の糞
2個4個
大型生物の糞
大型の糞
3個6個

放浪モードにさせておく必要があるんで、柵で囲った場所にフンコロガシを入れておくと、非常に安心です。

放浪させつつ、自由は奪うってスタイルでね…。

⇒「糞の安定供給に便利なフィオミアのテイム方法と特徴!

⇒「農業の始め方!菜園のサイズ選びの基準は?

 

フンコロガシの特徴 その②!

近付いてアクションキーで拾える。

テイムの時にも説明したけど、ドードーと同じように、拾う事が出来ます。

フンコロガシ

柵の中には、これで投げ入れることが可能!

フンコロガシは相当足が遅いんで、拾っちゃったほうが絶対早いです。

 

フンコロガシの特徴 その③!

普段の食べ物は「腐った肉」でOK!

非常に経済的、かつエコ。

 

世界がフンコロガシで一杯になったら、絶対地球は救われる。

…まぁイヤだけど。

 

フンコロガシのステ振りは?

戦闘は一切出来ないんで、肥料作りに特化したステ振りをします。

フンコロガシのステ振り

上がり幅は少ないけど、それでも重量のみ上げましょう。

それ以外は上げる必要がありません!

 

なぜ重量を上げるかというと、実は糞も結構重いわけで、フンコロガシは重量が低い為、一度に持てる量が少ないんです。

そこで重量を上げて、一度に持てる糞の量を増やしておこう、って魂胆です。

こまめに糞を入れる手間が、これでかなり軽減されます。

 

以上、フンコロガシの生息場所やテイム方法、特徴を紹介しました!

農業をしっかりやっていくんであれば、まさに必須級のペットになるんで、ぜひ洞窟で探して、テイムしてみて下さい。




ラベジャー

恐竜リスト

2020/11/29

ラベジャーの生息場所とテイム方法!ペットになった後は荷物持ち!?

かなり狂暴な顔つきの「ラベジャー」! ヒエノドンとも似ていますが、体格は若干大きめで騎乗可能です。 野生で出会うと恐怖ですが、ペットにした後は優秀な能力が盛り沢山。 今回はそんなラベジャーについて、生 ...

ラグナロクの暗闇洞窟

ラグナロク情報

2020/11/27

ラグナロクの暗闇洞窟の場所と攻略する方法!迷わずに奥に行くには?

ラグナロクの広い洞窟として存在する「暗闇洞窟」! 中は暗く広い空洞になっていて、入口も数箇所あるくらいに広大です。 そして奥には、アーティファクトが2個も安置されています。 今回はそのラグナロクの暗闇 ...

スーパー七面鳥

プレイ記録

2020/11/26

ターキーイベント2020の解説と叉骨入手方法!七面鳥の倒し方は?

今年もやってきました「ターキーイベント2020」! 毎年恒例のスーパー七面鳥を倒すのがイベントの流れですが…。 今回はこのスーパー七面鳥の倒し方と、叉骨の入手方法について解説していきます。

ラグナロクのジャングル洞窟

ラグナロク情報

2020/11/22

ラグナロクのジャングル洞窟の場所と攻略方法!オススメペットは?

ラグナロクの初心者エリアにある「ジャングル洞窟」! 普段ジャングルの奥地にまで来ない人の方が多く、ジャングル洞窟の存在を知らない人も多いと思います。 そこで今回は、そのジャングル洞窟の場所や攻略方法、 ...

ポンプアクション式ショットガンを構えた姿

武器や装備の紹介

2020/11/21

ショットガンとポンプアクション式ショットガンのダメージ量と性能差は?

単身での冒険時にかなり頼りになる武器「ショットガン&ポンプアクション式ショットガン」! ポンショとも略されるくらいに馴染み深く、とても使いやすい武器としての代表格です。 今回はそんなショットガンと、ポ ...

フェニックス

恐竜リスト

2020/11/17

フェニックスの生息場所とテイム方法!見つけ方と罠の作り方は?

空想上の生物「不死鳥フェニックス」! ARK内にも存在していて、かなり特殊な部類に入るペットです。 今回はそんなフェニックスについて、生息場所とテイム方法、見つけ方と罠の作り方を紹介していきます。

月別で記事を見てみる

カテゴリー別で記事を見てみる

検索説明

キーワード検索で記事を探してみる

キーワード検索で記事を探してみる

-恐竜リスト

Copyright© 面白いPCゲームをやってくアーサーのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.