本サイトはプロモーションが含まれています。

リマントリアの生息場所とテイム方法!鈍足効果の粉を使いこなせ!

リマントリア

外見がモスラのような虫っぽさを持つ「リマントリア」!

小型で飛べる騎乗生物としては、プテラノドンよりも早い段階で可能になるペットです。

今回はそんなリマントリアの生息場所やテイム方法、特徴等を紹介していきます。

リマントリアの生息場所は?

アイランドには生息しておらず、「スコーチドアース」か「ラグナロク」に生息しています。

基本的には砂漠にいる飛行生物です。

 

スコーチドアースではほぼ全域に生息していますが、個体数は少し少な目です。

アルゲンタヴィスを捕まえるまでは貴重な飛行系ペットになるんで、頑張ってテイムしましょう。

スコーチドアースのリマントリアの生息場所

⇒「スコーチドアースのマップ紹介!各場所の特徴と序盤の進め方は?

 

ラグナロクでは主に南東エリアと、砂漠地帯に居る生物です。

それ以外の地域で見る機会は無く、雰囲気がスコーチドアースに似ているエリアに湧く傾向ですね。

ラグナロクのリマントリアの生息場所

⇒「ラグナロクマップの各地形と特徴紹介!オベリスクの場所は?

 

リマントリアのテイム方法は?

通常の昏睡テイムになります。

ボーラが有効なんで、足止めにはオススメの方法です。

ボーラ

 

ただし気絶値は高めになっていて、高レベルになると、ボーラ1個の拘束時間では足りない事も…。

しかも体力が低く、ヘッドショットを狙うと、勢い余って殺してしまう可能性も高いです。

出来るだけ高品質、高効率の武器を使って、拘束時間内に昏睡させられるようにしましょう。

昏睡までの使用武器レベル1レベル80レベル150
弓+麻酔矢
弓矢麻酔矢
7発36発
死亡率19%
61発
死亡率26%
クロスボウ+麻酔矢
クロスボウ麻酔矢
4発21発
死亡率29%
35発
死亡率26%
ライフル+麻酔弾
ライフル麻酔弾
3発15発25発
ライフル+電撃麻酔弾
ライフル電撃麻酔弾
2発8発13発

⇒「知っておきたい弓の基礎知識!麻酔矢を撃つのに最適な間隔とは?

⇒「電撃麻酔弾の作り方と実際の使用感!材料集めの方法は?

 

食べさせるエサレベル1レベル80レベル150
通常キブル以上
通常キブル
2個
8分
+0レベル
7個
27分
+39レベル
11個
42分
+74レベル
野菜系
レモンニンジン
ジャガイモトウモロコシ
12個
22分
+0レベル
62個
1時間52分
+23レベル
105個
3時間9分
+33レベル
メジョベリー
メジョベリー
16個
22分
+0レベル
82個
1時間51分
+17レベル
140個
3時間9分
+23レベル

⇒「キブルファームの作り方と、各キブルの作成レシピ紹介!

⇒「農業の始め方講座!菜園のサイズや温室効果の違いとは?

 

リマントリアのサドルのエングラム解放は?

リマントリアのサドルレシピ

必要レベルは36で、右上の方にある「スコーチドアースのタブ」を有効にすると出現します。

材料には「キチン or ケラチン×95」「皮×130」「繊維×125」が要ります。

プテラノドンよりも早く乗れる飛行生物となる為、序盤用にぜひとも乗りこなしておきたいペットですね。

 

リマントリアの特徴 その①!

飛行生物の為、騎乗して空を飛べる!

リマントリアの飛行

大きさ的に、サバイバーが乗っても飛べるのかな?って心配はあるものの、全然余裕で飛べます。

しかも、操作性もかなり良くて、移動する分にはかなり快適です。

見た目がちょっと怖いんで、好き嫌いが分かれるでしょう。

 

リマントリアの特徴 その②!

通常攻撃が出来ない代わり、鈍足効果がある粉を放出出来る!

鈍足効果の粉

どんなに高い高度からでも、落下性のある粉が、真下へ爆弾が投下されるように落ちていきます。

当たってもダメージは入らず、鈍足効果が5秒付くデバフを発生させる事が可能です。

ダメージが入らない関係で、当たった敵が敵対状態になる事も無い為、特にマルチでは使い道の幅が広がるはず。

 

ただし、スタミナ消費が結構激しく、連続してバンバン撃てないのが難しい所です。

素直に、緊急脱出用として使うのが良いかもしれません。

 

リマントリアのステ振りは?

プテラノドンと比較して、重量とスタミナが優秀になっています。

そのまま長所を伸ばしつつ、体力も上げていくようにするのがオススメ。

通常攻撃が出来ないんで、近接攻撃力の強化は無意味です。

リマントリアのステ振り

序盤の飛行生物にしては、重量の優秀さは貴重です。

ぜひとも重量を上げて、荷物の運搬用にしてあげて下さい。

 

スポンサードリンク

以上、リマントリアの生息場所とテイム方法、特徴について紹介しました!

上のランクの飛行生物が手に入ると、ほぼ不必要になってしまうリマントリアですが、序盤では結構優秀なはずです。

冒険のスタート用に、1匹テイムしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です