本サイトはプロモーションが含まれています。

プラントYの種がある場所は?栽培した姿と効果を紹介!

プラントY

プラントXと並び、謎の植物となっている「プラントY」!

アイランドでは入手出来ず、他のマップで取得する事が可能な種です。

今回はそんなプラントYについて、種がある場所や、栽培した時の姿と効果を紹介していきます!

プラントYって何?

アイランドには、「プラントX」という奇妙な植物が存在します。

菜園(大)で栽培する事が出来て、成熟し切るとタレットのような働きをする、便利な植物ですね。

見た目がグロテスクなのもご愛嬌。

プラントX

⇒「プラントXって何!?成熟した後の効果と設定について!

 

その亜種のような存在として、プラントYって植物が存在します。

プラントXと同様、菜園(大)を使用して栽培する事が可能です。

普通の農業と同じように、水と肥料さえ準備してあげれば大丈夫。

プラントYの苗

 

プラントYの種の入手方法は?

スコーチドアースか、ラグナロクで採取する事が可能です。

オブジェクトは「紫色の花」になっていて、サバイバーが自分で採取するか、テリジノサウルス等を使って採取させるかして、入手出来ます。

テリジノサウルスは、騎乗から降りた際に地面を採取する能力がある為、それを使って採取させましょう。

プラントYの種
プラントYの花

⇒「テリジノサウルスの生息場所とテイム方法!採取レベルの違いとは?

 

ラグナロクでは、緑オベリスクの近くに自生しているポイントが多くあります。

まずはそこを探すのがオススメですね。

ラグナロクのプラントYの種の場所

 

プラントYの成熟した姿は?

やはりプラントXと同様、中々のビジュアルです。

プラントYの成熟した姿

成長途中だと、まだ可愛げもありますが…。

成熟した姿はかなり好戦的な感じです。

 

ただし、実はこのプラントY、これ単体では何の能力も持っていません。

代わりに、「プラントY・トラップ」というアイテムを定期的に作る機能があります。

このプラントYトラップには消費期限があり、1時間の制約付きになっています。

プラントY・トラップ

ちなみに何個も連続して作成するんで、少し置いておくだけでも数個は作成されている事でしょう。

その為、かなり気軽に持ち運んでいけるはずです。

スポンサードリンク

 

プラントY・トラップの効果は?

地面に設置することが出来て、設置後はほぼ見えなくなる「トラバサミ」のようなトラップです。

設置直後は思いっきりツタが伸びて目立つんだけど、数秒後には地面の中に隠れていきます。

プラントYトラップ設置
プラントYトラップの外観

 

説明書きにもある通り、「敵対サバイバーや小型生物を捕獲」するのが特徴。

中型以上の生物は、この上を通っても素通り状態になってしまいます。

でも、小型であればガシっと掴んで、長い間離しません!

拘束中

拘束中は、耐久値が「1秒につき3」減っていき、100の耐久値が0になると壊れる仕様です。

地面に潜んでいる時でも少しずつ耐久値は減っていく為、拘束時間は最大で33秒、少ないと数秒というトリッキーなトラップ。

小型生物のテイム時に、使えない事もないです。

 

ただし注意点として、拘束中は「ちまちま3ダメージ」が入ります。

あまり敵の体力を減らしたくない場合には、素直にトラバサミの方が良いかもしれません。

PvPでこそ真価を発揮するトラップですね。

拘束中のダメージ

 

以上、プラントYの種がある場所と、プラントY・トラップの効果について紹介しました!

気軽に何個も持ち運びが出来る点では、トラバサミの上位互換と言っても良いでしょう。

ただし使いどころが肝心なんで、その場その場で切り替える頭も必要に。

気になった方は、一度栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です