本サイトはプロモーションが含まれています。

ARK:ASAプレイ初日!前作から進化した所や今後の改良点は?

水晶採掘

ついにプレイを開始したARK:ASA!

やはりARKは面白いですね、時間がすぐ溶けていきます。

前作から進化しているところは多々ありましたが、細かい部分を挙げるとキリがありません。

そこで今回の記事では、その中でも特に良いと感じた所や、今後改良されるべきだなと思った点について紹介をします!

ASAで進化している良い点

グラフィックが綺麗

これはASAの一番のウリですが、旧版よりもかなり綺麗なグラフィックに仕上がっています。

遠くの景色を見るだけでもテンションが上がる事間違いなし。

個人的には、若干霧が出ている森の風景が特に綺麗に思います。

相対的にPCへの負担は激増している為、相応のスペックを持ったPCじゃないとプレイが出来ません。

いかだで冒険

 

アバターの作成項目が細かくなった

ARKのアバター作成なんて、あってないようなのが前作でした。

いかにキモいアバターを作れるか競うみたいな、そんな風潮すらあったのですが、なんとASAではかなり拘れるようになっています。

一番ビックリしたのが、ボイスを5種類から選べるというところ!

男なら野太いおっさんからショタボイスまでと、結構な力の入れようです。

 

まぁだから何?って所はさすがARKですが、一応かなり進化しています。

ゲーム中に頑張って作った顔が見れるかというと、何も言えませんが…。

ムービーで自分のキャラが出てくる場面等があると、一気にここの需要も増えそうなんですけどね。

…あぁもちろん前作を凌ぐほどキモいのも作れますよ。

ASAでのアバター作成画面

 

建築関係のシステムが大改善

ASAからは建築パーツのエングラム数が抑えられていて、例えば壁は「壁パーツ」の1種類しかありません。

その代わり、建築時に「Rキー」で普通の壁や窓付き壁、ドア用壁等への切り替えをして設置が出来ます。

これにより、間違えて必要のない建築パーツを作ってしまうような事が無くなったのと、無駄なエングラムポイントの消費を抑えられるようになっています。

 

おまけに自動スナップ機能が付いているので、家具の設置時には綺麗に土台の真ん中へ置けるという改善点も見られました。

このスナップ機能は必要時に使用し、要らない場面では消すことも可能です。

旧作では特に苦労した電線設置なんかも、このスナップ機能があれば綺麗に置けそうですね。

建築で壁パーツを設置

 

また、ASAでは家具や建材などを「拾う」ことがいつでも可能になりました。

旧作では設置後30秒までは拾えましたが、その後は解体しか出来なかった事から、気軽に物が置けませんでした。

ところがどっこい、今作からは気分によって家具の配置換えすらも容易になっています。

建築関係については、上記のようにかなりのテコ入れがされている印象を受けました。

建材を拾う

 

茂みで採取出来るアイテムに染料系ベリーが追加された

以前に比べて、入手可能なベリーの種類が倍くらいに増えています。

そのデメリットとして、麻酔薬を作る為に必要なナルコベリーの入手確率が相対的に下がってしまっています。

ちなみに染料用のベリーは従来のベリー同様に食べることが出来る為、食料としても使用可能です。

やらなくても頑張れば何とかなってしまっていた農業が、ASAではより必須になったとも言うべきでしょうか。

染料系ベリー

 

燃料の有効時間が分かるようになった

燃料を入れるタイプの家具についてですが、入れた燃料でどのくらい燃え続けるのか等が分かるようになりました。

今までは大体でしか計れなかった燃焼時間が、正確に「1h」等で表示されるようになったので、家具管理が簡単になっています。

少し狩りに行ってくるか~、でもかまどの火が帰ってくるまで持つかな?という心配が無くなりますね。

燃料の残を見る

 

野生の恐竜の赤ちゃんがいる

必ず近くに同じレベルの親がいますが、ASAからは赤ちゃん恐竜も1~2匹居ることがあります。

赤ちゃんが近くにいる場合は親恐竜に専用のアイコンが表示されますが、このテイム方法が結構鬼畜。

子供の前で親恐竜を倒し、逃げ惑う赤ちゃん恐竜に対して刷り込みをおこなうという方法で、テイムが可能です。

テイム後の赤ちゃん恐竜は通常のブリーディング同様、時間周期でお世話が発生し、刷り込みボーナスも得られます。

 

このテイム方法の利点としては、「無駄な麻酔矢が要らない」や「特殊テイムの恐竜も問答無用でテイム可能」な所でしょうか。

手渡しテイムでしかテイム不可なモスコプスなんかも、この赤ちゃんテイムで序盤に楽に捕まえることが出来ます。

デメリットとしては、テイムボーナスが得られないのでレベルはテイム時のままという所です。

将来的にブリーディングを重ねて強くしていきたい場合は、従来通りの昏睡テイムが鉄板という事ですね。

赤ちゃん恐竜

「野生の子連れ親子をテイムする方法!子供をテイムするメリットは?」

 

ペットが死ぬと「死のエキス」が入手出来る

自分の大事なペットが死んだ時、旧作では何も残らなかったのが、ASAでは死のエキスというアイテムとして残ります。

有効時間が30hとなっており、これは現時点でASA初見かつ調べていないので不明ですが、ペットとして復活出来そうな感じのようです。

アイテム欄の重要な文言は英語だったので翻訳すると、「オアシサウルスの海中で復活出来る」とあります。

ゲームを進めていけば分かるはずですが、新恐竜のオアシサウルスと関係があるようです。

パラサウロロフスの死のエキス

 

移動速度アップのパラメータが無くなった

サバイバーのレベルアップ時に上げるのが定番だった移動速度アップですが、ASAでは無くなっています。

その代わり、移動速度は常にそれなりの速さがあり、裏を返せばそれ以外のステータスにポイントを振ることで、強いサバイバーが作れるという事です。

ゲームバランスを壊すようなサバイバーが作れなくなったという点では、恐竜の重要性が更に増したとも言えそうです。

ちなみに設定で飛行速度アップについてのオンオフ機能は見たので、もしかすると私の見落としで設定に切り替えがあるかもしれません。

サバイバーのステータス

 

エリアによって場違いな恐竜が出現しにくくなった

これもかなり体感で変わっていますが、イージーの初期エリアにブロントサウルスが湧かないのが一番新鮮でした。

前作では、序盤になぜか湧いている大型恐竜がかなり邪魔で、武力でどかすことも出来ない為、その存在にほぼ全員が苦労したと思います。

そういった変な苦労がASAでは減っています。

プテラノドンで飛行遊泳もしましたが、そういえばブロントサウルス自体まだ見ていないかもしれません。

ARK:ASAの初心者ゾーン

 

敵の昆虫のレベル概念が無くなった

「ティタノミルマ・ソルジャー」と「メガネウラ」に関しては、レベル表示が無くなりました。

その為、前作のような「虫なのに異常に強い個体」がいなくなり、バランスが取れています。

アイランドの免疫の洞窟では、200レベル越えのメガネウラが大量にいますが、そこに関しての難易度が大きく変わっている可能性がありますね。(今後要調査)

ティタノミルマソルジャーのレベル表示無し

 

今後改善して欲しいと思った点

バグ関係

現状致命的なバグには遭遇していませんが、逃げる野生恐竜を襲っている最中、海に入られた途端にその恐竜が消えるという現象に数回逢っています。

どうでも良い恐竜だったので良いですが、後半になって高レベルの恐竜を捕まえようとしている時にこれが発生したら、すごく萎えそうですね。

 

あとはこれも水中ですが、追従にしているペットが水中でグルグル回るような挙動になる時があります。

旧作でも野生のトロオドンなんかがこの現象で泳いでいるのは良く見かけましたが、ペットでこれが発生すると怖い場面も出てきそうです。

 

恐竜が段差に弱くなっている

野生恐竜やペット含め、段差に対して少しだけ踏破力が弱くなっているのを感じました。

ただしあくまで、ARK廃人の体感でしかないので勘違いかもしれません。

一応具体的なところでは、ペットがいかだに乗り込むのに苦労する点が挙げられます。

旧作では結構無理やりでも乗り込んで来てくれましたが、ASAではかなりバリアフリー環境にしないと引っ掛かります。

野生恐竜でも挙動は同じで、段差を利用してハメるような事が旧作よりも簡単になっていると思います。

いかだで引っ越し

 

松明の明かりが弱い

夜間に重要な光源となる松明ですが、ASAの松明は暗い。

夜間は外に出るな!と言わんばかりの弱体化で、ほとんど何も見えません。

さらにペットへの騎乗中、武器が使えないペットでも松明だけは持てた旧作と違い、ASAでは松明すらも持てなくなっています。

一部ペットのサドルに松明をセット出来るのは旧作から変わらずなので、これを上手く活用しないと夜間は本当に何もできなくなってしまいます。

プテラノドンのサドルに付けた松明

 

地面のグラフィックと恐竜が同化しすぎ

グラフィックの進化に伴って、恐竜の死体がどこか分からなくなる問題が多くなるはずです。

特に小さい恐竜は厄介で、ある程度は諦めも必要かなと思ってしまう位ですね。

更に野生の赤ちゃん恐竜もASAには居るので、そこはもう分からなくて当たり前の精神が必要です。

地面と同化したカルボネミスの赤ちゃん

 

ASAでは、確認出来ただけでも上記のような変化点がありました。

良い部分と悪い部分両方がありますが、総合的に見ると期待度は上々です。

おまけに新恐竜もこれから出会える機会があるので、そこも楽しみですね!

まだ更なる新要素もおそらくあるので、随時情報を更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です