ムーダー

検索説明

キーワード検索で記事を探してみる

記事検索

ジェネシス パート1情報

ジェネシス1のボス【ムーダー】攻略方法!連れて行くおすすめペットと討伐報酬の内容は?

投稿日:

ジェネシス1の深海マップに、ボスとして君臨している「ムーダー」!

今までのボスとは違い、ARK史上初の海中戦になる特殊な戦い方となります。

そこで今回は、このジェネシス1のボスであるムーダー攻略方法と、そこに連れて行くべきおすすめペットや討伐報酬について紹介していきます!


ムーダーとはどんな存在?

一言で言えば「大ウナギ」です。

海中によく居るデンキウナギが、とんでもなく巨大化した姿をしていて、あのモササウルスでさえ霞んでしまう程の巨体です。

そのウナギ界の女王として君臨しているのが今回のムーダーで、周りには小ウナギも生息しています。

小ウナギといっても、既にモササウルス程度の大きさがあるウナギなので、そもそもが大きくなる種のようですね。

ムーダー

 

また一風変わっていて、ジェネシス1のストーリー上、倒さなくてもまったく問題が無い存在でもあります。

その代わり、報酬はTEKエングラムの解放や各種装備品が貰え、しかも全てに粉砕不可属性が付いていません。

なので、工業用破砕機を使う事で資源の大量確保に応用する事も可能です。

⇒「工業用破砕機の作り方と使い方!アイテムを粉砕する事で手に入るアイテムとは?

 

ムーダーの討伐報酬は?

攻略難易度により各種TEKエングラムが解放されます。

ただし、TEKレプリケーターのエングラムが解放されない為、TEKアイテムの作成には「マスターコントローラー」、もしくは「他マップのボス」を攻略して来ることが必須です。

その点も他のボスとは違う為、注意が必要ですね。

ムーダー討伐後の報酬

難易度TEKエングラム解放
γ【ガンマ】・TEKジェネレーター
・TEKの箱
・TEKセンサー
β【ベータ】・TEKガントレット
・TEKブーツ
・TEKヘルメット
α【アルファ】・TEKテレポーター
・TEKフォースフィールド
・TEKグレネードランチャー

 

この他、上にも記載した通りで「粉砕属性が付いていない」装備品が手に入ります。

TEK武器が入手出来る場合も多いので、工業用破砕機を通して大量の有機ポリマーが入手出来るようになるでしょう。

ムーダーの討伐報酬を上手く活用する事で、更に上を目指す為の基盤作りが可能です。

特にマスターコントローラー戦に向けての準備では、かなり重要な要素になります。

 

ムーダーに挑戦する方法は?

ムーダー戦はミッション扱いになっていて、自分の好きなタイミングで受注する事が可能です。

特に挑戦に必要な条件も無く、気軽に挑めるボスです。

ヘレナワープで「深海エリアのE地点」を選択後、海底部付近まで潜っていく事でミッション用ポータルを見付けられるでしょう。

母なる海、ムーダー

 


ムーダー戦に必要なアイテム&おすすめペットは?

戦闘が全て海中戦になるので、スキューバタンク or TEKヘルメットは必須です。

何かしら水中での呼吸方法を確保しておきましょう。

その他、騎乗者貫通攻撃があるので、メディカルブリューも持参するようにしておいた方が良いです。

 

ペットは、メガロドンを複数体、それと騎乗用に大型海洋生物という構成が望ましいです。

他のボスと同様、ボスエリアに20体までのペットを連れて行けるので、事前に厳選しておきましょう。

基本的にはメガロドンに攻撃を任せて、サバイバー自身は遠くからの援護に徹するのが一番確実、かつ安全。

難易度ごとに必要な数は違ってきますが、ベータ戦までならある程度の戦力で十分勝てますよ。

ムーダー戦の攻略に必要な戦力

難易度・メガロドン騎乗用大型生物
・モササウルス
・トゥソテウティス
γ【ガンマ】4体以上1体
β【ベータ】6体以上1体
α【アルファ】10体以上1体以上

⇒「メガロドンの生息場所とテイム方法!強化アップデートにより攻撃的になった特徴とは?

 

ちなみにメガロドンのステ振りは、体力が15,000程度、残りを近接攻撃力に振って600以上あれば十分です。

メガロドンの場合、ステ振りどうこうよりも、集団ボーナスがかなり強力なので、どれだけ連れて行けるかの方が大事だったりします。

 

尚、騎乗用の大型ペットはタンク役も兼任します。

ステ振りでは、体力を30,000くらいまで上げて、残りを近接攻撃力にでも振っておきましょう。

出来るだけターゲットとして引き付けられるように、若干攻撃も入れながら引くように動くと安定します。

あとはメガロドンが横から猛アタックをしてくれますよ。

モササウルスでタンク役

 

ムーダー戦の基本的な流れは?

ボスエリアに転送された後、まずは小ウナギが襲ってきます。

近付くと電気放電をして攻撃してくるので、あまり近づかずにメガロドンに攻撃指示を出しましょう。

また、遠距離攻撃として電気の球を発射してきます。

これも近付くと電撃を受けてしまうので、ダッシュで避けましょう。

小ウナギ

 

小ウナギとムーダー両方に関連していますが、この電撃攻撃が騎乗者貫通ダメージになります。

気付いたらサバイバーが瀕死になっていた…なんて事態にならないように、体力には常に気を配る必要があります。

 


小ウナギを全て倒す事で、ムーダーが怒り狂って襲い掛かってきます。

ここからやっと本戦開始です。

電気の球も大量に放出してくるので、遠距離は避けるようにしましょう。

壁際まで下がると逆に超危険です。

電気の球

 

また、ボスエリアには常に渦潮が発生していて、特にメガロドンは掴まると面倒です。

攻撃に上手く参加出来なくなったりする可能性もあるので、出来る限り避けて移動しましょう。

ダメージを受けるような事は無いので、もし入ってしまったら仕方ない程度の心構えが大切。

 

このままムーダーにダメージを与えていくと、地面に隠れるようになります。

するとまた小ウナギが出てくるので、同じように倒していきましょう。

全て倒すと、再度ムーダーが出てきて戦闘再開です。

地中に隠れている間はムーダーの体力が回復していく仕様なので、出来るだけ早く小ウナギを排除するのが攻略のコツですね。

ムーダー戦終盤

 

以上、ジェネシス1のボス「ムーダー」の攻略方法と、オススメペットや討伐報酬について紹介しました!

ペット選びさえ間違えなければ、そこまで苦戦する事が無いボスでもありますね。

挑戦出来る準備が整えば、気軽にミッションを受けに行って大丈夫なので、早めにTEKエングラムを解放しておきましょう!


関連コンテンツ

フィヨルドホーク

恐竜リスト

2022/07/05

フィヨルドホークの生息場所とテイム方法!肩乗せ時の効果やテイムが進行しない原因とは?

無料DLCのフィヨルドマップに追加された生物、「フィヨルドホーク」! 可愛いので肩乗せペットとしても人気ですが、その効果や有能性にも目を見張るものがあります。 そこで今回は、このフィヨルドホークの生息 ...

ソーラーピラー戦

ボス攻略

2022/07/03

ボス【4種類のピラー(Pillar)】攻略方法!属性によって変わる戦い方のコツは?

狂気の崇拝者を倒した後、自動で始まる次のボス戦「4種類のピラー」! ピラーには、ソーラー、ネビュラ、ボルテックス、スターダストの4属性があって、それぞれに特徴があります。 そこで今回は、この4種類のピ ...

火星人侵攻イベント

発生イベント

2022/07/03

火星人侵攻イベント(Martian Madness)を攻略!発生条件と入手するべきアイテムは?

テラリアで、終盤近くに発生させることが出来る「火星人侵攻イベント」! イベント開始条件が特殊だったり、手に入るアイテムが強力だったりと、クリアする魅力が多く詰まったイベントになっています。 そこで今回 ...

ジャングル寺院

チュートリアル

2022/06/12

テラリア【チュートリアル#8】再度ジャングルに潜入!ボスを倒して寺院を攻略しよう!

前回のチュートリアルでは、3体のメカニカルボスを倒すまでを解説しました! ボスを倒し終わった時に、意味深なメッセージの「ジャングルは成長を続ける…」というのがあった通り、次なる舞台は再度ジャングルです ...

狂気の崇拝者

ボス攻略

2022/06/12

ボス【狂気の崇拝者(Lunatic Cultist)】攻略方法!本物と偽物を見極めて安全に倒すコツとは?

テラリアのボスの中でも、少し特殊な倒し方となる「狂気の崇拝者」! ストーリーの進行上、倒す事が必須となるボスですが、攻略方法を知らないと結構苦戦する相手でもあるんです。 そこで今回は、狂気の崇拝者の攻 ...

テラリアの家の作り方

お役立ち情報

2022/06/05

テラリアの家の作り方と基本構造を覚えよう!材料となる木のブロックを入手&作成する方法は?

テラリアのプレイ時、最初に作成するべき、大事な拠点となる「家の作り方」! 基本構造はどの家も全て一緒で、家として必要な要素を組み込めばOKです。 そこで今回は、テラリアでの家の作り方講座という事で、基 ...

月別で記事を見てみる

カテゴリー別で記事を見てみる

検索説明

キーワード検索で記事を探してみる

記事検索

-ジェネシス パート1情報

Copyright© 面白いPCゲームをやってくアーサーのブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.